ジャーマンシェパード 家庭しつけ


~家庭でもできるしつけの簡単なコマンドを教える方法~

ジャーマンシェパード子犬はできるだけ早くしつけを始めることが大切です。通常新しい家族に慣れやすいので、家に向かえて、しばらくして練習を行うことが問題なくできます。

シェパード しつけの最所の段階は、アルファリーダーが誰だと明確に順位づけをしないといけないです。家族の誰かを選ぶか、自分にするか、優位性を確立ことが最も大事なことです。子犬は特に、リーダがだれだとわからなければ、リーダーが自分だと意識して、家のことを自分中心として意識する癖を見につけます。

リーダシップを主張する方法は、まず、愛犬と自信を持って良い信頼関係を作ることです。また、ワンちゃんから求める態度に対する要求が強くしないとだめです。

①シェパードに「おすわり」、「スワレ」を教える方法



おすわり」は普通は子犬に一番最初に教えられているコマンドです。これは基層コマンドの一つで、日常に欠かせない行動だけではなく、興奮したわんちゃんを落ち着かせる方法でもあります。

次のコツを使って、「スワレ」のコマンドを愛犬に教えてください。

まず、手に、トリーツやおやつを持って、隠してください。

家で静かで、子犬が集中できるところを探してください。

子犬の前で立って、顔が真っ直ぐ向くように。

これから合図として使う手に、おやつの一個をのせてください。犬がおやつのにおいを嗅ぐように待ってください。ただし、食べさせさないことが大事です。これは注意を引くための行動です。

次、指でおやつを持ち、わんちゃんの鼻より少し上で手を持ってください。

手を前に出すと同時に、「すわれ」のコマンドを言います。わんちゃんがおやつを見ながら自然的に座るポジションを取るトリックです。


子犬が座ったら、褒美としておやつをあげてください。そして優しい言葉を言って、なでてください。

わんちゃんが正しくコマンドに従うまで、しばらくこの練習を続けることがよいです。

② ジャーマンシェパードの飛びつく癖を防止するしつけ


子犬のときに、飼主さんに飛びついて、挨拶したりする様子が可愛いですが、成犬になると、結構困る問題行動になりますので、子犬のときからしっかりのしつけを与えることが大切です。

犬は飼主さんの顔までたどり着きたいので、ジャンプしています。

二匹の犬があったら、お互いのサイズに関係なく、目を合わせて挨拶をしています。

なので、わんちゃんは実際に飼主と同じのレベルになって、挨拶をしたいので、飛びついたりします。

次のコツを使って、犬が飛びつかないようにしつけをしてください。

フロントドアに入ると、わんちゃんが挨拶できるように、時間を置いてください。
ただ、その可愛い足を使って飛びつこうようとしているときに、無視することが一番です。

飛びつきが続いている場合、背中を向けて、部屋に行ってください。

足が四本とも床にあるとき、優しく挨拶して、小さなおやつをあげてください。
この簡単な行動で、足が四本とも床にあるきれいなポジションで家族を挨拶をしている、よくしつけされていたわんちゃんになります。

愛犬がスムーズに挨拶ができるまでしつけを続けてください。それでも、飼主さんが家に入るときに、わんちゃんが興奮を抑えられない場合、ドアの前に愛犬の大好きなおもちゃを置いてください。口でおもちゃを持って、飼主さんの周りに走ったりすることもジャーマンシェパードの子犬の挨拶する方法です。

③ ジャーマンシェパード 家具をかじらないしつけ


家具などをかじることは特に生歯時期に子犬にはよくある行動です。かじらないように、次のことをおすすめできます。

まず、家具にかけるスプレーを使うことがよいです。

次、しばらくの間、わんちゃんの行動をしっかり見て、かじり始めたら、わんちゃんの大好きなおもちゃを見せて、家具の代わりおもちゃとの遊びを促してください。

態度が正しければ、褒美を与えて、優しい声で褒めてください。


この簡単がことを繰り返しながら、かじりがなくなるまで我慢強くわんちゃんの行動を変えてください。

ジャーマンシェパードの子犬はエネルギーで溢れている、遊びが大好きです。自分の群れにいたとき姉妹と遊んでいた方法でオーナーやその家族とも遊びたいです。

子犬は、座っている飼主さんに来て、その指や服を軽くかじったりすることも遊びです。そのときに、飼主は母犬のように愛犬と絆を作ることが大切です。このプロセスはこれからのご愛犬との交流に大きく影響していますので、慎重に行動を取ることが大事です。

ただし、わんかんが噛んだりかじったりし始めたら、高い声で叫びをして、足、指、手を引いてください。わんかんが呆然して戸惑うように。

その後、10までカウントして、また遊びに戻ってください。

かじりの行動が続いたら、同じのことを繰り返します。

愛犬は、どんな力、どんなプレッシャーが遊び中に大丈夫か勉強しているので、遊びの時間で落ち着いた気持ちでいてください。軽いかじりでもいやでしたら、かじりが全くしないまで練習を続けてください。

もう一つのコツは、指とかの変わりに犬の大好きなおもちゃを使うことです。ドッグオーナーが指ではなく、このおもちゃをオッケーしていることが犬に意識されます。

④ ジャーマンシェパードに「ステイ」を教える方法


飼主さんがお客と挨拶しているとき、テレビを見ているとき、ご飯を食べているときに、わんちゃんが指定した場所にいるように練習ができます。

犬がいてほしいところでおやつを置いておくことから始めてください。

おやつを食べる前にスワレとコマンドしてください。正しい行動の場合、優しくほめてください。


一歩後ろにして、ステイとコマンドをします。その場でいたらご褒美を与えてください。

その場所から移動し始めたら、また元に戻して、最初からやり直してください。
毎回ステイと言うときに、一歩を増やします。ゴールは犬が同じ場所で移動せずに残ることと、犬から10足離れた距離です。

犬がはっきりコマンドが分かるまで練習を繰り返してください。

次は、ご飯を食べるとき、番組を見ているときに、リビングに犬のブランケットなどを持ってきて、そこで静かにいるように、トレーニングしてください。

⑤ ジャーマンシェパードの「来い」しつけ



色々な目的で愛犬が自分に来るように「来い」のコマンドを使います。例えば、食べること、外に出ること、散歩に行くこと、遊んでいる公園でオーナーに来ることなどです。

次のステップを使うことで、愛犬が来るように、練習をしてください。

手に小さいおやつを入れてください。

家の外に出て、ちょっとした垣で囲まれた開けたスペースがあるところを選びます。

アパートに住んでる場合、別の部屋に行ってもいいです。

手を横に広げて、「来い」のコマンドをしてください。

わんちゃんが足の近くに近づいたら、おやつをあげて、優しい言葉で褒めてください。

犬はどんな行動が正しいか分かるまでにこの行動を繰り返してください。

この身振りをしている理由は、公園など、外で犬が遠くいるときに、飼主の声を聞こえない可能性があって、手を広げた、目立つポジションが距離があっても気づきやすいです。

また、公園など、攻撃性を示す犬がいる場合、愛犬が自分に来るように役立つコマンドです。

或は、子犬が迷子になって、家への道が分からなく、ブッシュなどで隠れて、耳に慣れた「来い」と聞いたら、すぐ出て戻ってくることができます。

⑥ ジャーマンシェパード 吠えないしつけ(無駄吠え しつけ)


シェパードは素晴らしい番犬で、吠えることがその自然的な本能で、飼主とその家族に忠誠心を示す方法です。しかし、吠えることは常に続き、問題行動になっている場合、次の対策をとることができます。

まず、周りに無駄吠えの原因になっているものはないか、チェックしてください。時々、動いているカーテンでも無駄吠えを起こさせる刺激になります。すべて動いているものを一旦隠します。


隠すことができないものでもあれば、友達になるように練習してください。

そのオブジェクトの近くに、おやつを入れて、愛犬が優しい声でおやつを取るようにコマンドしてください。

犬がそのものに対して落ち着いて、慣れている状態で、おやつだけに集中できるまで練習を続けます。

無駄吠えは頻繁になっている場合、健康の検査に獣医師に行くことをおすすめします。
Copyright © 2018 german-shepherd-japan.com. Powered by Dog Supplies Japan