シェパード しつけポイント



ジャーマンシェパードは知能が非常に高い犬種で、正しくしつけや訓練されたら、家庭の素晴らしいメンバーとなります。

逆に、教育をほっておくと、退屈で攻撃になったり、噛み付きしたりするなど、問題行動が多くなります。力強い犬なので、飼主さんからの丁寧で、しっかりしたリーダーシップの発揮が必要です。

わんちゃんのしつけに割り当てる時間に応じて、訓練の効果が出ますので、自分のスケジュールにたっぷりご愛犬と過ごす時間を計画することが大切です。

健全な信頼関係の構築が必要です。飼主を怖がっている犬の恐怖感は、コマンドを聞かないことに導きます。飼主に信頼ができる、飼主に好かれているとご愛犬に伝えることが大切です。

多くの飼主は、犬の服従を叱ることで得ることができると思っていますが、そうでもありません。一番大事なのは、練習の粘り強さです。

しつけは遊びへの誘いから始まる



多くの問題は、わんちゃんがただ退屈になっていることから始まります。ジャーマンシェパードのメンタルケアに、できるだけ多くの活動を考えると良いです。

退屈なシェパードはいたずらしたり、吠えたり、邪魔したりするので、このようなメンタル状態で訓練が効率的に進まないときが多いです。

長時間での散歩、公園での遊び、噛むおもちゃでご愛犬の遊ぶ気分を良く高めることができます。また、他の犬とのやりとりも大切です。

遊びとしての訓練はご愛犬にとって、とても楽しい時間になります。フリスビー、ディスクドッグなどで、長時間を効率的に過ごし、持って来いコマンドなどの練習などができます。
ジャーマンシェパードは基本的に攻撃ではない犬種ですが、攻撃性を示している場合、成長問題の証拠です。

落ち着いている、バランスが取れている性格の成犬になるために、子犬のときから、対策が必要です。

まず、他の犬との社会化が大切です。わんちゃんが集まっている公園、犬用のイベントで子犬と出かけると、他犬とのコミュニケーションがご愛犬の個性育ちに良い影響を与えます。

子犬を叩いたり、叫んだりしてはいけないです。ジャーマンシェパードは子犬の頃に、そまつに扱われたら、成犬のときに、攻撃的になる可能性が高いです。

次、優先順序です、飼主が、犬に、群れのリーダーとして認識される必要があるので、自信を持って、落ち着いて、良い行動のご褒美を与えると、子犬は成犬の態度を早く見に付けます。

噛む行動の場合、特に大切です。子犬は、リーダーとして受け取れない人をよく噛んだりします。若い頃から、アルファーの位置を占めないといけないです。例えば、どこかに入るときに、飼主は最初で、犬はその後にすることが大切。子犬は、自分が第二番と認識しやすくなります。

子犬は噛みついたりするときに、厳しい「no」をしっかり言うことが必要です。ストレス解消に、噛むおもちゃを十分に用意する必要があります。

服従訓練はメンタル練習として

ジャーマンシェパードは、8ヶ月から訓練を始めると良いです。

服従訓練はこの犬種に特に大切です。服従訓練は、認知能を発展させているのです。また、家庭での、自分の役割と位置で満足することにも必要です。退屈との戦い、なにかを楽しみにする感覚を与えます。

家庭で長時間に渡りシェパードを飼うなら、しっかりした服従訓練を計画することが必ず必要です。

Copyright © 2018 german-shepherd-japan.com. Powered by Dog Supplies Japan