シェパード 訓練~シュッツフント~

ジャーマンシェパード 訓練 ~シュッツフント~


シュッツフントはドイツ語で防衛犬という意味です。1900年代でドイツで現れたスポーツです。


ジャーマン・シェパードの犬種水準に適しているかどうかを図る犬種試験です。現在、シェパードをはじめ、色々な犬種が参加できる競技スポーツとして知られています。

愛犬を使役犬にさせたい場合、シュッツフントトレーニングが役立ちます。

シェパードは救助活動、警察犬、軍事犬の仕事など、数々のドッグワークに使用されていることが有名です。このような活動は忍耐力、集中力、健康など色々の要求があります。

シュッツフントトレーニングでは、犬の訓練能力、知力、勇気、働く意欲、忍耐力、ハンドラーと絆を作る能力、嗅覚力、防衛本能がどのレベルにあるか分かることができます。

シュッツフントの基礎コマンドは:

スワレ
ステイ
伏せ
来い
ヒール(つけ)
ゴー(行け)・バイト(噛め)・アタック(攻撃しろ)
ストップ

シュッツフントのテストは三つの科目からなっています:

トラッキング(追跡)、服従と防衛です。

トラッキングでは、臭覚能力、知的能力、忍耐力が評価されます。

服従では、試験で行動する意欲、知的能力、チームワーク能力、集中力がテストされます。もう一匹のシェパードとのチームを組んで、「フィールド」とステーションの間に行動をします。

フィールドワークは、ヒーリング(ヒールワーク、かかとワーク)、発砲などのノイズ無視、リコール、ハードルを得てレトリーブ(持って来い)、ランニング、伏せのコマンドを含んでいます。



防衛テストでは、犬の勇気、集中力、自分とオーナーを守る能力、防衛・レトリーブ(持って来い)のときにオーナーやハンドラーさんへの服従能力が評価されます。
追跡の科目では、犯人(噛む片袖を着ている人)をマークするために、犬は吠えます。次、コマンドが出たら、犯人を追跡したり、噛んだり、離したりします。



シュッツフントに最も合うジャーマンシェパード犬種の種類:

イースト・ジャーマン・シェパード DDRジャーマンシェパード
ウェスト・ジャーマン・ワーキングライン GSD
チェコジャーマンシェパード

この種類は競争する本能、ワーク、学ぶ能力が非常に高きので、シュッツフントの基準に通りやすいです。

シュッツフントトレーニングに参加することで、愛犬ともっと深い絆を作ること、愛犬の素晴らしい能力を発揮させることができます。また、飼主さんもハンドラーとして自分の能力発揮ができます。

ジャーマンシェパードの訓練は我慢強さと根気が必要です。は世界でもっとも知的能力が優れている犬種の一つであっても、それぞれの犬は自分のペースで能力を見に付けています。間違いなどが気にすることもあるかもしれないですが、愛犬はいつも飼主さんから注目と褒美を求めています。

Copyright © 2018 german-shepherd-japan.com. Powered by Dog Supplies Japan