シェパード 番犬訓練

ジャーマンシェパード 番犬

ジャーマンシェパード番犬として訓練をさせたいドッグオーナーさんはまず、自分の愛犬番犬犬に適しているかどうか調べる必要があります。

番犬に向いているシェパードは他の犬や他人に優しく、性格が安定していて、よく社会化されている犬でないとだめです。

シェパード番犬訓練はいくつかのステップに分けることができます。

ステップ①

まず、ジャーマンシェパードの子犬から、犬の社会化を行ってください。

犬はなにが良いか、なにがだめか、明確に理解を得ないといけないです。

犬の社会化に、愛犬を一緒に外に連れて、ネガティブの経験がないように犬を見守りながら、できるだけ多くの犬などの動物や人に会うようにしてください。

ステップ②

できるだけ早い頃から服従訓練をさせてください。
愛犬が番犬になってほしい場合は特に、服従とコントロールがしっかりできていないといけないです。

犬にとって服従の仕事が楽しくなるために、工夫してみてください。

正しく行動した場合の褒め言は間違いしたときの叱りよりも、飼主さんと良い絆を作るために効果的で、服従仕事がよいことと関連されやすいです。

ステップ③

家に知らない人が来るとき、吠えるようにしつけしてください。毎回、犬がどうして吠えているか、わざと見に行って、おやつや褒美を与えて、「いい子だね」、「もう静かにして」と落ち着かせてください。

犬が家にいるときのみに、吠える行動を許可してください。外でその行動をしないようにしつけしてください。

外で散歩しているとき、吠える必要がないと、犬がしっかり理解するべきです。

ステップ⑤

数回知らない人が家に入ろうとしているパフォーマンスをして、犬の警戒心を育ててください。

知らない人は犬を見たら逃げて、犬はそのときに飼主さんから褒美をもらうようにしてください。

ただし、知らない人を追跡しないようにしつけもすることが大切です。

家のテリトリーに誰かが侵入したことを知らせてありがとうと褒美をして、そしてその人が抜け出した瞬間に、吠えることをやめるコマンドをしてください。

ステップ⑥

家の境界を知るために、リードを持って、わんちゃんと自分のテリトリーを歩き回ってください。そのときに、境界外にいる人に吠えないようにしつけしてください。


Copyright © 2018 german-shepherd-japan.com. Powered by Dog Supplies Japan