ジャーマン シェパード 性格


ジャーマンシェパード 性格~その特徴と飼育ポイント~

ジャーマンシェパードの性格は、AKS(American Kennel Club)の正式標準によると、「はっきりした個人的特質を持っています。その特徴は、敵性を示さない大胆不敵さと自信、即時で限りがない友情関係を避けているある程度のよそよそしさです。犬が親しみやすく、自信を持って、自分から始めないですが、交流に覚悟して、それを始めたそうな状態にいます。」


ジャーマンシェパード 性格の理想です。

しかし、ジャーマンシェパードが世界中で普及しており、性格も色々と異なったりしています。

保護仕事やスポーツ、シュッツフント用のタイプはかなりハードな気質で、効率よく作業をします。ジャーマンシェパード ショータイプは、より落ち着いた気質から臆病で、異常活動的、ぼんやりした性格まで色々違ったりします。

エネルギーレベルは活発な犬からのんびりした性格までです。でも、ジャーマンシェパードの全犬種には、体の健康的な状態を保つために、毎日の散歩、安全で、囲まれた空間で走ったりすることが必要です。

また、メンタル練習がジャーマンシェパードに極めて大切です。例えば、上級服従訓練、アジリティー練習、シュッツフント、牧羊活動、トラッキングなどです。シェパードの特別な知的能力がよく家庭犬としてただ無駄にされています。

そして幼い頃からの社会化も、安定した、自信を持った気質を育てることに効果的です。



次の犬が飼いたい場合、

―強くて、体格がたくましい
―色々な活動と練習に挑戦したい犬
―知能が非常に高く、忠実で、多才の犬

ジャーマンシェパードがぴったり!

次の問題に遭いたくない場合

―性格が安定して、健康問題になりにくいジャーマンシェパードを見つけるために長時間をかけたくない
―いつも沢山の面白い練習、活動を考えたり、探したりする余裕がない
―ちゃんとした社会化をする時間がない
―練習不足、退屈で、問題行動に直面したくない
―他の犬に対する起こり得る攻撃性に遭いたくない
―ほとんど年で365日間抜け落ちている毛が嫌
―できるだけ犬の健康問題に遭いたくない

ジャーマンシェパードを避けたほうがいいかも知れません。

Copyright © 2018 german-shepherd-japan.com. Powered by Dog Supplies Japan