シェパード:ショータイプvs訓練タイプ

ジャーマンシェパード~訓練系とショー系


ジャーマンシェパードの訓練タイプは訓練、ワーク専用の犬種で、当然訓練性がよいですが、継続的の訓練が必要です。また、服従心が強く、攻撃的な性格を持っています。 

一方、ショータイプのジャーマンシェパードは、ショーでも、訓練でもできますし、達成した訓練レベルがよく一定レベルで保たれています。性格は訓練タイプより、明るく、性格がより安定しています。

体格も見ると、ショートタイプは特に腰が結構下がっている形を持っています。訓練タイプはより体が小さいです。

シェパードの種類は一般的に、訓練タイプショータイプに分けられていますが、より詳細な分類もございます。

ウェストジャーマンショーライン

ドイツで一番人気があるタイプです。 黒とレッドの色合いです。


アメリカ・カナダショーライン

ショー専用の犬種ですが、アジリティー、オベディエンスにも成功しています。

ウェストジャーマンワーキングライン

元々のシェパードに一番近いタイプです。仕事能力と欲望が特に重視された犬種です。スポーツ、仕事で活躍しています。


イースト・ジャーマン・ワーキング・ライン

第二次世界大戦中に登場。軍事専用の目的で使用。丈夫で、高いワーキング意欲があります。


チェコワーキングライン

共産党のチェコでできて犬種で、パトロールワーク専用にできている犬種です。

Copyright © 2018 german-shepherd-japan.com. Powered by Dog Supplies Japan