シェパード用首輪とリード、どんな幅が最適?

ジャーマンシェパードにどんなリード、首輪が合うのか?

ジャーマンシェパードは頭の形と頭蓋骨に対して太い首を持っていますので、首輪のサイズが適切でなければ、外れる可能性がございます。強いバックルメカニズムを持っている、幅が2.5-3.8cmの首輪を選ぶことがよいです。その幅で、首輪の外れが防止できます。

     
      シェパード用首輪、幅が25mm            シェパード用首輪、幅が40mm 


よく訓練されたシェパードに、長さ固定されている首輪が良いです。

行動修正首輪、チョーク首輪は、シェパードが引っ張るときに良いです。

ただし、必要がないときに、忘れずに首輪を脱ぐことが大切です。また、このタイプの首輪は背骨の問題を起こす可能性がありますので、ドッグトレーナーと相談した上で、慎重の使用をおすすめします。

            
シェパード用チョーク首輪 シェパードのスリップカラー シェパード用革チョーカー

ジャーマンシェパードは、気管トラブルなどがある場合、ハーネスのほうが良いです。仕事用のハーネスと通常のハーネス、いくつかの種類があります。仕事用のものは、引っ張り防止ハーネスなどを含んでいます。このタイプの犬用品を使うときに、ストラップが動きを妨げる可能性がある場所を確認することが大切です。邪魔があったら、使用を止めてください。散歩用には通常のハーネスが良いです。

      
引っ張り防止ハーネス   シェパード用散歩ハーネス  シェパードの子犬用ハーネス

スリップリードは、散歩中にトラブルがあるシェパードに最適です。このリードを通して、より強くシェパードのコントロールができます。公園などで犬が他の愛犬のほうへ走ったりする場合、横からリードを握ってください。逆方法の力になりますので、後ろからリードを引っ張らないほうが良いです。横からの引っ張りで、走り出しを防止できます。

シェパード用スリップリード

リードは犬とハンドラー間のコミュニケーションラインとして役割を担っています。一番よいのは、使いやすい頑丈で、またシェパードのサイズに適切な長さのリードです。子犬用のリードに、成犬用リードに、別のものをおすすめします。

     

シェパード用多機能リード   シェパード用三つ編み付リード  シェパード用ラバーリード


リードやハーネスのサイズは直接歩き状態へ影響しています。日常の散歩用に伸縮リードロングリードは不適切です。飼主と犬の間のコミュニケーションギャップが大きくなりますので。伸縮リードは、呼ばれたときに来るしつけ、また自由に周りを探検したりすることに最適です。ただし、街中の散歩にとても危険なものです。伸縮リード、ロングリードを、公園、広い場所のみでの使用が可能です。

    
      シェパード ナイロンリード    シェパード用散歩リード

リードが長ければ、犬は前に歩いて、自由にぶらついたりできます。

ジャーマンシェパードの散歩により短めのリードが最適です。ショートリードでよりよく犬の動きをコントロールして、色々な方向へ回ったりすることを防ぎます。引っ張りを迅速に止めさせられます。

      
シェパード用短引きリード   シェパード用短いリード   シェパード用ショートリード


一般トレーニングリードは180cmを超えないものがよいです。プロフェッショナル犬スポーツ、シュツフント用には4-10mのリードが最適です。

  
訓練用リード ナイロン     訓練用リード 革

リードの幅は、素材と犬のサイズに応じて選択することが大切です。ジャーマンシェパードの場合、15-20cmの幅が良いです。リードを手で握り、長さを簡単に調整できるものが良いです。留め金は回転カンの形状が良いです。
                       
散歩リード、幅が20mm            散歩用多機能リード、幅が13mm




Copyright © 2018 german-shepherd-japan.com. Powered by Dog Supplies Japan