シェパードについての基礎知識


ジャーマンシェパードについての基層知識


ジャーマンシェパード ―  由来

シェパードとは「羊飼い,牧羊者」という意味で、従来ドイツのチューリンゲン地方、クローネ地方、ヴェルテンベルク地方で牧羊犬として使われていた犬でした。この犬種は「オールド・ジャーマンシェパード・ドッグ」として知られるようになりました。

しかし、第一次世界大戦後、「ジャーマン」という言葉は政治的な理由で省略され、犬種は正式にイギリス・ケネル・クラブにアルザチアンウルフドッグ(Alsatian Wolf Dog)と呼ばれ、その犬種名が他の犬クラブにも導入されました。その後、ウルフドッグという部分が省略され、数十年間に犬種はアルザチアンとして知られていました。1977年に愛犬家がクラブに圧力を与え、ジャーマン・シェパードという名前が取り戻されていました。2010年までアルザチアンは正式な犬種名として使われていました。

ジャーマンシェパード  ― 歴史

1850年代のヨーロッパーで犬種の標準化の試みが行われ、羊の群れを守る、牧羊の作業ができる、犬がスタンダートとして選抜されていました。その目的に、ドイツではフェラックスという協会が設立されました。結局、賢く、素早く、力強く、嗅覚に優れている犬が選抜されていましたが、地方によって見た目と能力が大分異なっていました。協会のメンバーは個別に標準化の試みを行っていました。

メンマーの一員でしたベルリン獣医学校の元学生ないし大尉であるフォン・シュテファニッツ氏は犬種は第一作業犬として取られるべきだと考え、1899年にHektor Linksrheinと呼ばれた犬をドッグショーに提示し、その後この犬は正式にジャーマンシェパードドッグと犬種が登録されました。

ジャーマンシェパード ―  性格

ジャーマンシェパードの性格は次のようです:

忠実 従順 安定している
大胆 勇敢 自信がある
理解力抜群 好奇心旺盛が高い
注意不快 打たれ弱い


ジャーマンシェパード ―  知能

ジャーマンシェパードは特に高い知能で有名になり、世界中に普及しました。「犬の知能」という本により、ジャーマンシェパードの知的能力はボーダーコリー、プードルに次ぎ、第3位と指摘されています。シェパードは5回の練習後、シンプル課題が直ぐでき、95%の場合、最初の命令に正しく従うと言われています。高い知能と力により、ジャーマンシェパードは警察犬、警備犬、救助犬、探索犬として成功しています。他の大型犬より、コマンドを迅速に理解でき、正しく行動で反映します。

ジャーマンシェパード  ― 体重

 35–43 キロ
 25–33 キロ

ジャーマンシェパード  ― 体長

 60–65 センチ
 55–60センチ

ジャーマンシェパード  ― 寿命

平均 9-13 年

ジャーマンシェパード 毛色、体格

毛食は通常ブラック、ナチュラル。コートは二層です。体が高さより長い体格です。力強い、骨が硬いです。後足が体ラインのカーブをしていることが特徴です。

ジャーマンシェパード ―  しつけ

牧畜犬は毎日の仕事に慣れているので、家庭でちゃんと犬のしつけを計画しないと、賢いシェパードは子供の牧畜など、自分なりに課題を見つけて、飼主を困らせる恐れがあります。長い間シェパードを放置すると、吠えたり、家具を咬んだり、穴掘りをしたりなど、問題行動を起こします。

しつけをするときに、退屈にならないように、あきらめないように、ご褒美を与えることが大切です。おもちゃ、背中を優しくパットすることもいい方法です。ただし、ご褒美に依存しないとうに、注意が必要です。

シェパードの子犬訓練は8週間から始めないといけないです。また、家族での役割をちゃんと教えることが大切です。

ジャーマンシェパード  ― トレーニング

従来畜羊犬として使われたいたジャーマンシェパードは賢く、知能が高く、回転が速い犬で、訓練されやすい犬種です。しかし、高い知的能力は逆に飼主さんにとってチャレンジーとなる可能性もあります。あまりに賢いため、自分なりの行動をしたり、指示をすべて従わないときもあります。訓練士と犬の間強い上下関係がないと、頑固な性格を示すときもあります。

力強いジャーマンシェパードはリーダシップに強く、訓練がうまく進むように、強くて、粘り強いリーダーでないと難しいです。ジャーマンシェパードはチャレンジーとメンタル刺激の訓練がもっとも好きです。

まず、服従訓練が大事です。飼主のコマンドをちゃんと従うように、飼主が我慢強く、粘り強くことが大事です。特に、最初の頃訓練が直ぐ円滑に進まなくても、犬に対してアグレシブになることを避けてください。

ジャーマンシェパードはエネルギーで溢れている、活発な犬で、訓練の際に高いテンションで課題をしているので、落ち着いて、素直に指示を聞くトレーニングが必要です。



ジャーマンシェパード  ― 飼育

シェパードの飼育は色々条件がありますので、初心者に向いていない犬種だと考えたほうがいいです。まず、力強くて、序列意識が強い犬種で、自信を持ってしっかりしつけできない飼主だと、服従が難しく、性格が育てにくくなります。また、見た目が怖く、力強く、危険だと思う人が周りにいるかもしれませんので、経験を積んでいる飼主さんの場合は安心できます。

また、力とエネルギーで溢れいている犬で、ストレスがたまらない、問題行動を起こさないように、たっぷりの運動量が大切です。毎日のジョギング、散歩、しつけ、遊びが必ず一日のスケジュールに入れることが大事です。もちろん、自由に走れる、動ける十分のスペースも必要不可欠です。

知能が高いため、頭を使う遊び、練習を考えないと、家具を咬むこととか、犬は自分なりに課題を探します。

春と秋に毛は多量に抜け変わりますが、家庭にはアレルギーの人がいると、飼育が難しいかもしれません。


ジャーマンシェパード  ― 飼育 費用

ジャーマンシェパードはペットショップではなく、犬訓練所からしか手に入れない犬種です。知能が高い犬で、プロフェショナル訓練が必要不可欠です。プロフェショナル訓練の費用、食費、予防接種などの治療代、用具費用、保険代などがかかります。

ジャーマンシェパード  ― 値段

子犬の値段は訓練が入っているかどうか、血統、買う施設により、7万~20万からよります。成犬は15~50万ぐらいです。ホワイトシェパードの子犬は15~30万です。

ジャーマンシェパード  ― 病気

関節炎

ジャーマンシェパードの体特徴により、後足に掛かる負担が大きいので、関節炎にかかりやすいです。足の日引きずり、運動拒否は初症状です。

てんかん

脳起源の痙攣を主とする発作で、シェパードの遺伝的な要素を持っている病気です。意識が無くなって倒れ痙攣したり、体の一部が震えたりすることがその症状です。

白内障

生まれる犬は水晶体がきれいに生成されず、濁ったままの目となります。また、遺伝的な理由で生後6ヵ月から2歳半ぐらいまでに白内障が発生するパターン、老化による白内障です。

その他のかかりやすい病気:

胃腸炎、骨肉腫、難聴、アトピー性皮膚炎

ジャーマンシェパード  ― 散歩

ジャーマンシェパードは活発な大型犬で、散歩をはじめ、たっぷりの運動量が必要です。理想としては、朝と夕方、1時間づつです。散歩場所また生きる場所は十分にスペースがあるところが大切です。大型犬の散歩に幅が広いナイロンもしくわ革製首輪が最適です。また、散歩のとき、頭を使う遊びとか、体を動かせるジャンプ、ジョギングもとても良いです。



ジャーマンシェパード ―  寒さ

ジャーマンシェパードはコートが二層で、エネルギーと筋肉に優れている、 寒さに強い犬です。基本的にマイナス7-1o度のときに、30分の散歩、室内飼いが必要です。

ジャーマンシェパード  - 毛色

一般的によく知られているのは、ブラックの地に、茶、黄色、レディッシュなどのタンの部分付きの毛色です。

また、単品でブラックやグレーの犬もいます。

ウルフと言われる猿灰色の犬。

シェパードの劣性遺伝子から生れた全身が白いシェパード(ホワイトシェパード)

ジャーマンシェパード系の犬種

ジャーマンシェパードは昔からヨーロッパ各地方で牧羊犬として使われており、地域によって、犬種の違いと特徴が発生しました。また、ドイツで大人気になってから、この犬種は世界各地域に広がり、更に特徴が現れ、ジャーマンシェパードと別の犬種として新しい犬種は登録されました。下記にその種類を挙げます。

ジャーマンシェパードドッグ
オールド・ジャーマンシェパード・ドッグ




ベルジアンシェパードドッグ・グローネンダール
ベルジアンシェパードドッグ・ラケノア
ダッチシェパードドッグ




キング・シェパード
バスク・シェパード
ダッチ・シェパード


Copyright © 2018 german-shepherd-japan.com. Powered by Dog Supplies Japan